コミュニケーションでも見た目の判断もそうですが、一度で決断してしまうのはよくありません。
お姉さんタイプのしっかりした感じの女性がいたとして、相手を持ち上げるような話をすると相手はいい印象は抱きません。
避けられてると勘違いされてしまう場合もあるのです。
見た目ではなくその人の精神年齢に合わせてコミュニケーションをしましょう。
相手が明らかに子供っぽい感じだったとしても、どの程度なのか観察します。
話をしている最中に、例えば完全に決め付けてしまうタイプで思い込みタイプの場合は、否定的な話をされるのが嫌いです。
このタイプは一度根に持つとかなり長く、恨みさえ抱く場合があるので気をつけましょう。
万が一身近にいて接する機会があるのであれば適当に流してコミュニケーションをとりましょう。
相手に嫌われることもないですし、穏便に過ごすことができます。
また精神年齢が非常に高いと思われる人は自分以外を厳しく評価したり、会話に裏付けがあります。
感心しながら聞き込むというのが大事になってきます。
人間誰しも感心されたり褒められたりすれば嬉しいですから、そのようなコミュニケーションを人に合わせてしていきましょう。

女性を意識した会話をしましょう

コミュニケーションが非常に上手な男性は男女を意識している傾向があります。
逆に下手な人の場合は男女に対しての意識が非常に低い傾向があると考えられます。
コミュニケーションをとっている時に女性という意識がないと友達同士のただの会話になってしまいます。
当然、女性からしてみれば仲良くなりたくないのだと思ってしまいます。
またコミュニケーションが上手な男性の場合は常に女性を意識し、扱いも男性とは明らかに変えています。
ですから男らしいと見られ、恋愛に発展しやすいのです。
男女で食事に行ったりして会計がある場合、女性は男性を観察しているといいます。
自分に自信がない男性は細かいことまで気にする傾向があります。
それが会計に対しては出やすいのです。
1円単位までしっかり割り勘する男性を女性は好きになり恋愛をしたいと思うでしょうか?
コミュニケーションでもこれは出やすいのです。
女性を女性として扱い、リードできるかどうか。
相手を女性だと意識することでコミュニケーションは上手になっていきます。
女性からもてたい、恋愛したいと思っているのであれば男女をしっかりと意識するようになりましょう。